安い任意整理の弁護士比較

MENU

安い・格安!任意整理の弁護士比較

当サイトは安い費用で依頼することができる債務整理・任意整理の専門家を探す方向けのサイトになります。

 

単に格安の任意整理弁護士・司法書士事務所というだけではなく、過去の実績や評判・口コミなども徹底的に検証しているのが特徴的になります。料金・報酬を比較したい方や自分に合った債務整理をするために借金相談を検討されている方は積極的にチェックして頂ければと思います。

 

 

【決定版】任意整理おすすめランキング

 

任意整理以外の債務整理(個人再生、自己破産、過払い)などを検討されている方にとっても参考になる人気の弁護士・司法書士ランキングになります。まずは気軽に複数社へ無料相談してみてくださいませ!安い・格安の任意整理弁護士を比較するなら見積請求で王道ですね。

 

 

全国対応&24時間受付中 

 

0120-858-018

 

 

全国対応&24時間受付中 

 

 

全国対応&24時間受付中 

 

任意整理って何?教えて!

 

任意整理とは任意で借金を整理することです。簡単に言えば債務者と債権者同士で債務者が借金をスムーズに返済することができるように話し合い最適な方法を決めます。

 

例えば利息制限法の上限金利により、金利を減額して支払う利息を少なくしたり、毎月の支払金額を少なくしてもらいます。今現在の借金返済プランでは支払うことは難しいけど、それでも自己破産をする訳にはいかないと考えている方、借金を責任を持って返済したいと考えている方におすすめの債務整理の1つです。任意整理を一言で言えば借金返済の示談交渉のようなモノですね。弁護士や司法書士に代理で依頼して任意整理を進めてもらうケースが多いようです。また、任意整理の意味や言葉を知らない方が多いのも事実です。

 

そもそもで言えば、任意整理で借金が減ること自体に疑問を感じている方も多いはずです。債務整理による借金減額のカラクリにはちゃんと理由があるのです。

 

上記で少し紹介しました「利息制限法」と「出資法」といった2つの言葉が債務整理と大きく関係するので、言葉の意味について少し紹介していきたいと思います。

 

まず、利息制限法とは利息のMAX【上限】を定めた法律です。

 

利息制限法が無ければ悪徳業者が高い金利を債務者に要求するケースが増えるでしょう。そうした債務者をパンクさせないように法律で利息は上限が定められているのです。利息の制限については下記の通りになります。

  1. 元本が10万円未満のケースは年2割【20%】
  2. 元本が10万円以上100万円未満のケースは年1割8分【18%】
  3. 元本が100万円以上のケースは年1割5分【15%】

 

利息制限法では上記の利息利率の超過分については無効になります。

 

しかし、「優良消費者金融が利息制限法を破る訳ない!」と思った人も多いと思います。実際に利息制限法をしっかり守っていれば超過分を取り戻すことは難しいでしょう。結局借金返済額を少なくしてもらうのは無理なのではないか?

 

そのカラクリが「出資法」にあります。実は出資法では29.2%が上限利息になっていて、ほとんどの金融業者は出資法を基準にお金を貸しているのです。つまり、利息制限法と出資法では最大で14.2%の利率の違いが生じてその分がグレーゾーンになっている訳です。

 

簡単に言えば司法書士・弁護士に依頼すると利息制限法と出資法の差についての利率を示談交渉して和解するために頑張ってくれるのです。

 

おそらく金融業界や関連の会社で働くなどしていない限り、この事実を知っている方は極わずかだと思います。知らない間に借金をしている方の中には払わなくてもいい利息を無駄に払ってしまって大きな損をしている方はたくさんいるのです。

 

但し、この手の交渉は専門的な知識が必要になるので、個人的に行動するより法律の専門家に依頼することをおすすめします。初心者でも交渉できるような事案であれば、わざわざ費用をかけてまで弁護士や司法書士に依頼する人はいないでしょう。それでも多くの方が法律の専門家に交渉の代理をしてもらうのはメリットを感じてる証拠と言えるでしょう。

 

任意整理をすれば今まで払いすぎた分を取り戻すことが可能で、その取り返した分を借金返済にまわすなど債務状態が回復するケースが多いようです。

 

任意整理のメリット・デメリットについて

 

任意整理は基本的に借金返済能力のある方が取る手段の1つです。

 

そのため①継続的に安定した収入がある方②3年~5年程度の短期で返済できる方などが任意整理の主な対象になることを覚えておきましょう。これは正社員のサラリーマン以外のでアルバイト・パート・派遣社員・契約社員でも可能です。さらには仕事に付いていない年金受給者でもOKです。

 

メリット

 

任意整理をするメリットは弁護士に依頼すれば和解まで支払をストップさせることができます。これまで借金で精神的に圧迫されてきた人にとっては少しは重圧から解放されるのではないでしょうか?また、法律の専門家である弁護士が味方に付いているということで、不安な状態から安心感を得ることができるはずです。

 

大きなメリットやはり借金返済金額の減額ですね。さらに自分の財産を処分する必要もありませんし、就職・転職についても基本的に影響はないことです。弁護士に依頼すれば難易度が高い書類や手続きをスムーズに進めてくれるので、事務所と金融業者が交渉するという点を考えると本人の負担はほとんどない点です。

 

デメリット

 

メリットがあれば当然デメリットも存在します。

 

任意整理の基本は借金を減らして返済することです。つまり借金自体を無くしたい方にとって返済義務のある債務整理は向いていない手続きでもあるのです。全額または一部の免除を受けることができる自己破産や民事再生【個人再生】と比較すると借金返済の総額は多くなることをデメリットと考える人もいるでしょう。

 

さらに借金やカードローンの制限が設けられるなど個人情報信用機関に事故情報と呼ばれるブラックリストに登録されるので、一定の年数は昔のように簡単に借入が出来なくなる可能性があります。欲しいクレジットカードが作成できないなんてことも・・・

 

任意整理の主な流れについて

 

一般的な弁護士依頼の手順・流れについて紹介します。

 

  1. 弁護士にメールや電話・直接の無料相談
  2. 弁護士と委任契約
  3. 受任通知の発送及び債権調査
  4. 取引経歴の開示請求及び引き出し計算
  5. 和解交渉
  6. 和解契約締結
  7. 和解内容に基づき返済開始
更新履歴